結婚紹介サービス/結婚情報集

結婚紹介サービス集トップ 完全無料結婚紹介サービス 従量制結婚紹介サービス 定額制結婚紹介サービス

結婚相談所(オフラインの結婚紹介サービス) ウェディングプランニング参考情報 結婚・恋愛関連書籍



エンゲージリング(婚約指輪)の歴史


エンゲージリング(婚約指輪)の歴史は、実はマリッジリングよりも古く、紀元前のローマ時代には既に存在していたとされています。もちろんその時代のエンゲージリングは鉄の指輪に過ぎず、愛情の証というよりも「契約」の証という意味合いであったようです。その後、時代の流れと共に指輪は鉄から金、そして宝石のついたリングへと変遷していきます。ダイヤモンドのエンゲージリングが最初に登場したのは15世紀といわれています。オーストリアのマキシミリアン大公がフィアンセであるマリー姫に贈りました。ただ、当時はリング本体は価値の高い金で出来ていたようです。これが19世紀に入って、キリスト教で神聖さを示す白やシルバーが好まれるようになったため、リング本体は銀製に変わっていきました。そして最近ではより耐久性の高いプラチナが主流となっています。

日本でエンゲージリング(婚約指輪)が普及したのは、ごく最近です。1970年代にイギリスの宝飾メーカー、デビアス社が「ダイヤモンドは永遠に」という宣伝でキャンペーンを行ったのがブームのきっかけでした。「給料の三ヶ月分」という価格水準も実は宣伝の効果です。

なぜ婚約の証がリング(指輪)なのかについては諸説があるようですが、一般に言われているのは、リングには始まりも終わりもないので、永遠の愛を表すものとして最適だという考え方のようです。

エンゲージリング(婚約指輪)を探す


その他のページへ




ウェディング・プランニング トップへ戻る


痩せるダイエット方法満載!ダイエット情報館 /  結婚式の基礎知識 /  出会い系サイト比較「出会いワン」

結婚指輪の人気ブランド選び /  結婚式のゲストのドレス /  結婚式のワンピース